お客様と共に年を取る整髪料たち

写真上はアリミノハードワックス(洋ナシの香り)です。

フリーズワックス(青リンゴの香り)をもう15年以上使っています。

写真下は鐘紡バルカンという、トニックやリキッドなどのシリーズ、

理容ナガサワではもう50年ぐらい使っています。


良い意味でそれを好まれるお客様がいらっしゃる限り、

製造停止にならず不動の人気を保ち続けるものが、たまにあります。


ナガと両親との間の世代の人のお店では、

ムースやジェルなど、非油分系で無香料の整髪料も、

もう30年来使っているお店もあるのではないでしょうか?


良い意味で、お客様と一緒に、*働いている人もお店も、

年を取っていき、そこには定番化した整髪料たちが、

居るのかもしれませんね。



ナガサワ(北見・床屋・理容)+大人のメンズカット【HP】's Ownd

昭和44年(酉年)北見市で生まれ、平成元年秋から札幌で修業(13年位)して、北見市にUターン。【中年理容師】です。 親子二代 創業50年 落ち着いた「普通の理容室」です。